メキシコのスーパーで『干しエビ』買ってみた!何を作ろうか?

> メキシコでの日々の生活や感じたこと
この記事は約2分で読めます。

メキシコのスーパーに行って1週間分の買い物をする生活になって1年が過ぎました。毎回、必要な物をメモしていきますが、それ以外のもので気になった物を手に取って見る余裕がある時と、ない時があります。

気になっても、どんなものか見た目だけでは判らない、調理方法の見当がつかないなどスルーすることもあります・・・今回はその点では、クリアーできそうなので買ってみたものが『干しエビ』

フライパンで炒っても食べれそうだったし、スープの出汁にも使えそう・・・バリバリに乾燥していないソフトな感じで包丁を入れると『フニャ』とした感がまだ残っています。軽く火を入れたのを(一応、食当たりを回避するため)味見してみました。

めっちゃ、塩っぱい!!!

でも殻まで食べれて、カルシウムが取れそうな気がします。捨てる部分はない、ロスのない食材です。

卵スープに少し加えたり、チャーハンに入れたりと、なかなか重宝します。それで餃子を作ったので、粗く刻んだ『干しエビ』を加えてみることにしました。

アラフィフになると骨粗鬆症も気になってきます。カルシウム不足が気になっていたし、日持ちする食材なので、これから時々、買ってもいいかも?と思いました。でも1パックで70ペソ(約500円ほど)考えてみれば高級品なのかも?

でも本当に塩辛いので、使う量は考えないと、塩分過多になる可能性があるので気をつけます。

今、口にしてる物が未来の自分の体に影響していきますから、気をつけるべき所は、しっかりチェックして、たまにジャンキーな物も食べながら、神経質にならず、ゆるく楽しい生活を送りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました