車用スマホホルダー

> メキシコでの日々の生活や感じたこと
この記事は約2分で読めます。

海外では日本のように電車やバスなどの交通機関が発達していない地域があり、車を運転して4〜5時間の距離なら車で移動することになり『車移動』は、ごく普通の移動の選択肢なのです。自分のペース運転し移動できますし、しかも知らない人が周りにいない『カー・スペース』が気楽という意見もあります。そして何よりスマホの普及と電波回線状況が良くなったのもあり、スマホのマップが連れて行ってくれる時代ですから、車移動は手軽なんだと思います。そして、アラフィフ世代が若い頃に車を購入する時には、カーオーディオ(カーステレオ)やカーナビというものが搭載されてる車が購入時に標準装備されてるかなどが気になってのではないでしょうか・・・今はどちらかというと、運転席からスマホ通話に切り替えられたり、スマホやタブレットが使いやすいようにBluetooth接続されてる方が喜ばれるのでしょうね。

旦那さんも日本では電車通勤でしたが、メキシコでは車通勤です。英語やスペイン語のラジオなど聴いても朝からテンション上がらないそうなので、YouTubeなどで日本の情報を聴く時間に充てているようです。もちろん、運転中の操作は危ないのでしませんよ。でもスマホを置く場所が車に搭載されてないので、スマホホルダーを購入しました。

Pellucid(ペルシード)PPH2107 こういうのを買う時は、どこまでの性能を求めるのかなど、悩むことがあります。

  • スマホのホールド感
  • 脱着のしやすさ
  • 価格
  • 設置場所に対してどう付けることになるのか?
  • 自分のスマホが適合機種かどうか?
  • スマホなどの本体にカバーしたまま使えるのか?

一番気になることは、運転中の揺れでスマホが落下してくること!これだけは避けたいので、サイドからホールドしてくれて縦にした時に下側にも支えがあることで直接、スマホが設置面に付かない商品だったので、こちらを購入しました。iPhoneでもアンドロイドのスマホでも使えますが、重さは280g以下・幅は20mm以までとなります。

他にもいろんなタイプがあって迷いますが、自分がどこにこだわるか?『物探し』では大事なポイントになります。検索技術を磨くチャンスでもありますので、自分が納得できる商品を見つけて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました