画像ファイルには保存形式がある

▶︎ パソコンの話
この記事は約3分で読めます。

スマホを使ってる方なら『スマホで写真を撮る』はもう、これは日常生活には欠かせない場面ですね。ともて便利で、やり方を覚えたら、様々な使い方ができることに気づく瞬間でもあります。でも、こういうものは、だいたい初期設定のままで使っています。なぜなら、データの保存などは自動(勝手に)やってくれるし、保存した写真を後から見ても特に問題はないので、普段はあまり気にしてないです。

image

ところがです、『その写真を添付して送って下さい』と言われた途端、できないのがアラフィフです。特に、相手がファイル形式を指定してた時です。でも、これが本来のスマホ機能が優れているところなんですけど・・・写真を撮って満足してしまっては、スマホは宝の持ち腐れになってしまいます。自分の撮った写真やデータを自由に使って、添付や送信できるヒントになれば幸いです。

きっかけ

自分が撮った写真を資料として添付して送ることがあり、上手く資料が添付できてなかったことがありました。提出したものが却下されたので、何がいけないのか調べてみました。iPhoneは、HEIFファイルというJPEGファイルの2倍程度の高い圧縮でデータを保存されてるといことを知りました。JPEGファイルかPDFファイルの添付なのに、私の添付した写真はHEIFファイルだったのです。写真やデータ保存と言っても、いろいろな拡張子に割り当てられています。

それがエラーの原因でした。HEIFファイルをJPEGに変換してから提出するべきだったんです。

☆拡張子とは・・・ファイルを区別させるためにあり、何の形式でファイル保存されているかが、判別できるようになっています。ファイル名のドット(.)の後に英数文字で表されています。

解決方法

保存データを指定の拡張子に変換すれば良いのですが、最初から設定をJPEGで撮れれば楽ですよね?JPEGやPDFファイルで添付して送るのが、今の一般的に使われてる拡張子です。そう思ってさらに、 調べてみると、使えそうな機能があるようなので切り替えてみました。

iPhoneの設定からカメラを選択↓↓

フォーマットというのを選択↓↓

初期設定のままだと『高効率』になってるのでHEIFファイルで保存されてしまいます

こちらを『互換性優先』を選択↓↓

これで今後撮影した写真は、JPEGで撮影・保存できます。パソコンで作業することが可能ならHEIFファイルで撮影したものをJPEGファイルに変換できる変換ソフトを使用するれば大丈夫です。iPhoneユーザーでWindowsのパソコンをお使いの方は、HEIFファイルで保管されてる写真は、パソコンで見れなかったります。変換ソフトを使用してJPEGなどに拡張子を変えると見れるようになると思います。拡張子が違うとファイルが開けません。『拡張子』について知るきっかけになれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました