日本の電子レンジでメキシコでも食パン焼けた!

> メキシコのレストラン・食材など
この記事は約2分で読めます。

日本から出した船便に入れてたパン型の一つで

キレイに洗って、これまた日本から持ってきたオーブン付き電子レンジで『おうちパン』を焼いてみました

ちょっと焼き目が入り過ぎたか・・・次に少し調整したいと思います

なぜ、日本の電子レンジ?

海外赴任の荷物運びは船便で運ぶ物が大半になります。今回の船便が着くまでは、お家でパンを焼くのは、ホームベーカリーで食パンを焼いていました

メキシコの小麦粉の種類も試行錯誤で、いろいろありました

それにメキシコのガスオーブンってのが使うのにちょっと不便なのです

それで船便の到着を待ってました

日本から持ってきたのはオーブン付き電子レンジなので

温度設定なども慣れていて解りやすいので、気軽に使えます

メキシコのガスオーブンはチャッカマンなどで点火して使う方式なので

少しの物を焼くのなら『電気』のほうが楽なんです

思ったより焼きやすい

焼く前の二次発酵の様子、室温で30分ほど経った時の写真↓↓

メキシコは『常春』の気候とも言われており、朝でも室温がそれなりにあるので発酵もしやすいのです

ホームベーカリーで捏ねと一次発酵をやってもらったので、さほど労力は要らないですし

ホームベーカリーの『食パンコース』よりも、早く焼き上がりました

良い感じに焼き上がったでしょ?

アメリカの時もパン焼いてましたが、やっぱりメキシコでもそういう生活になりそうです

自分に負担にならない程度に楽しこれが海外で暮らす秘訣かな〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました