『親の介護』のことを考える

▶︎ 動画サイトから学んだこと
この記事は約3分で読めます。

私の実の両親は80歳前後。特に大きな病気を抱えているわけではなく、元気で暮らしています。しかしながら、一般的にはそろそろ『人の手』を借りて生活することになる日が近いことも事実です。それを本人たちが受け入れられるかどうかは、元気で暮らしている人ほど難しいと感じています。

『誰の世話にもなりたくない!』そう、思うのも当然だし、できるならそのような暮らしをして人生を終えることができるのが理想。でも実際問題、私もメキシコで生活していて、何かあってもすぐに日本に戻れないですし、普段の生活も手助けできません。それが現実です。

それぞれの家族が生活していくので精一杯の毎日だし、金銭的にも余裕がない。1990年代に高齢化社会が進むと言われ、2007年に超高齢化社会に突入。2025年には日本の人口の約30%が65歳以上の日本。世界から見ても高齢化社会が進んでいる国です。これから自分も歩んで行くことになる道ですので、準備しておく為にも『親の介護を考えるのは良い機会かもしれません。

介護保険とは

実際、介護の経験がない私なので、介護保険制度についてはザックリとしか知りません。『申請してから認定をもらうまで時間がかかるよ』とか、『手続きがいろいろあるよ』など、耳にはしていましたが、受けたい時に直ぐに受けられないということをまず知っておくことが必要です。65歳以上の高齢者だけではなく、40歳以上の特定疾病患者で介護が必要になれば受けられる保険です。ということは、アラフィフの私も受ける可能性があるということです。40歳から介護保険料を支払うことが義務付けされているのは、こういうところから来ていいるということですね。

参考になった動画

介護保険のことを知りたいな、と思ってたら、中田敦彦のYouTube大学で投稿が挙がったので、こちらで勉強しました↓↓

中田敦彦YouTube大学 介護入門①

特に興味を引いたのは21:49から始まる『お金のこと』です。介護についての方向性を考えるには有難い情報でした。21分に到達するまでの説明を聞いてると、介護保険を使いたくても、直ぐに使えない制度であることが理解できます。受けるまでに何段階かのプロセスがある・・・ということです。

中田敦彦YouTube大学 介護入門②

考えたこと

人生100年と言われるようになったとしても、健康寿命はおそらく75歳前後。それから先、自分の人生を終えるまで、どのくらいの時間があるのか?それまでにやっておくことがあるのなら、まずそこを目指したいですね。でももしかしたら、その途中から介護保険制度を使うことになるかもしれない、ということを頭に入れておくことで、精神的に余裕が生まれるなら、今から知っておく制度の一つだと感じました。

そして自分の両親にも、まだ健康で生活できているうちに考えてもらいたい制度です。『誰の世話にもならずに・・・』それは無理なんですよね・・・誰に、どこに、どれだけお世話になりたいのか?またなれるのか?早い段階から情報を得ておいて考えるは、自分が過ごしたいライフスタイルに繋がるということのような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました